楽しみながらできる住まいのエコロジー(日射、通風・換気)



アーキプラス総合計画事務所
251-0055 藤沢市南藤沢8-13
Tel 0466-27-7540 Fax 0466-53-7952
E-Mail:archi@oharazawa.com

TOP建築家と一緒につくる家湘南に住むエコ(雨水の利用)バリアフリー
通風・換気  − 窓が閉じた状態でも自然の通風・換気のルートを確保します
  普通の窓の他に開け閉めができるガラリ窓と廊下側の扉上部のランマを利用した一例です。
夏になると、屋外デッキの上にすだれをかけて強い日射をゆるやかに遮蔽します。風も呼び込みます。
隣地とのプライバシーを適度に確保して、部屋の延長として多目的に使えるように設計された屋外デッキのパーゴラと壁を利用。
すだれのかわりに、テントを張ると雨の日も屋外デッキの利用ができます。
すだれやテントの設置は、あらかじめ予想して設計しておくと、簡単につけたり、はずしたりが可能で暮らしに変化を与えてくれます。
Copyright © 2003 Toshiyuki Oharazawa / Archi+
建物に合わせて計画された周囲の植栽は街並や環境に貢献するだけでなく、夏の日射を和らげ、気温を調整して快適にしてくれる働きがあります。
また、ヘチマやヒョウタン、フウセンカズラ、アサガオなどのつる性の植物を植えて、建物や窓付近を少しおおって、日射を遮るのも効果的です。
緑をからませるには、竹などを組む他、ネットやシュロ縄が利用できます。また、あらかじめ建物の一部にメッシュを組み込んでおくのも有効的です。
窓の近くに、竹を組んでアサガオをからませます。
アサガオは手軽で、エコだけでなく花も楽しめます。
竹はちょっとこつを覚えると、以外と簡単に割くことができ、弾力があるので大きな面に組むのも簡単で、自然な風情があります。
バルコニーやフェンスにあらかじめ組み込んだメッシュを利用するのも手軽な方法です。
夏の日射のゆるやかな遮蔽
木製ペアガラスの引き違い窓の横にガラリ窓を組み込んだ例です。 外部は防虫網付のアルミガラリで室内側には開け閉めができる木製扉が付いています。 防犯が気になる外出時や夏の夜間にも自然の通風・換気がとれるように工夫してあります。 廊下側の扉上部のランマも開閉できます
open
open
close
TOP〕 〔建築家と一緒につくる家〕 〔湘南に住む〕 楽しみながらできる住まいのエコロジー
変化に対応する住まいのバリアフリー〕           〔雨水の利用〕 〔通風・換気、日射〕